タグ別アーカイブ: Aeradot20191217

『『桜を見る会』茶番の裏で進むカジノ建設』Aeradot

F4lg03古賀茂明氏ツイートよりー

2020年はカジノ建設元年
壮絶なカジノ利権争奪戦が始まる

カジノはゼロサムゲーム
「ウィン・ウィン」はない
カジノ外資大儲け=市民の大損

立地自治体は最も深刻なカジノ依存症患者に
原発立地自治体と電力会社の関係と同じ

知恵のない首長がカジノに頼る

<記事より>

桜を見る会を巡る騒ぎの陰で、カジノ管理委員会の5人の委員人事が国会で承認された。来年1月7日に内閣府の外局として設置される管理委は、カジノ事業者の免許をはじめ、カジノに関するあらゆる規制を運用する重要な組織だ。初代委員長は検察OBの北村道夫氏が就任する。

これでカジノ建設が本格的に動きだす。当面の焦点は、法律により3カ所と決まっているカジノ建設地の選定だ。すでに誘致表明済みの大阪府・市、横浜市、長崎県、和歌山県に加え、東京都、千葉市、名古屋市が申請を検討している。

一方、11月には、誘致申請が確実視されていた北海道の鈴木直道知事が一転見送りを表明。関係者を驚かせた。鈴木知事はカジノの旗振り役、菅義偉官房長官に近い。道の方針転換の裏には菅氏の意向があると見られている。

続きはこちら ⇒ Aeradot 2019年12月17日