タグ別アーカイブ: Aeradot20190408

『塚田国交副大臣の“忖度”更迭でわかった昭和の利権政治の復活』古賀茂明氏-AERA dot.

F4lg03

塚田一郎国土交通副大臣が4月5日、辞任した。本州と九州を新たに結ぶ「下関北九州道路」(下北道路)の事業化調査をめぐる「忖度」発言の責任をとったものだ。

道路行政を所管する国交副大臣が、安倍晋三総理と麻生太郎副総理の地元事業だから「国直轄の調査に引き上げた。私が忖度した」と発言してしまった。それだけでも大問題だが、福岡県知事選の自民党推薦候補の集会で語ったというから、明らかな利益誘導であり、二重の意味で責任を追及されることになった。塚田氏は翌日発言を撤回し、謝罪したが、その理由が、忖度で調査事業を国直轄にしたというのが「事実ではなかった」ということだった。

もちろん、国会では、「忖度はなかった」という同氏の言い訳は「信じられない!」と言われる。国民も同じ気持ちだろう。

続きはこちら ⇒ AERAdot(2019年4月8日)

広告