カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

『次の選挙の注目区!「泉田vs米山」の新潟5区を占う』 古賀茂明ー 週プレーNEWS

缶バッジロゴ古賀茂明氏ツイートよりー

泉田氏は、前回衆院選で脱原発派だと有権者に信じさせて当選 自民党の利権の親玉、二階派に入った! 自民では相手にされず実績なし 米山氏の人気急上昇で窮地に立つと 反安倍的パフォーマンスでリベラル層にアピール 知らない人は勘違いも だが新潟の有権者は騙せないのでは?

<記事より>

経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏が、注目される新潟5区の選挙について語る。

(この記事は、7月20日発売の『週刊プレイボーイ31・32合併号』に掲載されたものです)

* * *

次の総選挙で、新潟5区を舞台に私の知人同士が議席を争うことになりそうだ。前新潟県知事の米山隆一氏が7月10日に出馬を表明、前々県知事で現職の泉田裕彦衆院議員との一騎打ちが予想されるためだ。 私は米山氏と作家・コラムニストの室井佑月(ゆづき)さんとは以前から交友があり、ふたりの間を取り持つ縁にも恵まれた。一方、泉田氏は経産省の後輩で、机を並べて仕事したこともあるし、知事時代も応援させてもらった。 衆院選で同じ県の元知事同士がひとつの議席を争うケースは珍しい。新潟5区は全国有数の注目選挙区になるだろう。そんな選挙区で知人同士が壮絶な戦いを繰り広げると思うと、いささか複雑な気持ちになってしまう。だが、私情にとらわれても仕方ない。私なりに新潟5区の選挙の行く末を占ってみたい。

続きはこちら ⇒ 週プレNews2020年7月24日号

『解散で接近する安倍総理と吉村知事』Aeradot

缶バッジロゴ古賀茂明氏ツイートよりー

追い詰められる安倍政権 このまま衆議院解散総選挙をできなければ、野垂れ死にの末路しかない 起死回生の策は、野党の準備整う前に解散で、議席の減少を数十に抑えること 維新は吉村人気で、現有10議席から大幅増の30~40議席を狙う勢い 自公+維新で勢力維持し、改憲を狙う

<記事より>

新型コロナ対策を利用した安倍晋三内閣と日本維新の会の解散総選挙に向けた派手な連携が目に付く。

例えば、菅義偉官房長官は、新型コロナ感染の再拡大を「東京問題」だと言った。実は、菅官房長官は、東京の小池百合子都知事に比べて維新の吉村洋文大阪府知事はよくやっていることを際立たせようとした可能性がある。

吉村知事は、夜の街などの感染拡大対策について、一律の自粛要請ではなく、危険だとわかる店や地域に限定してピンポイントで規制やPCR検査などの対策を講じるという方針を示した。西村康稔経済財政相も幅広い一律の休業要請などは否定しつつ、一定の範囲に限定した休業要請に言及するなど、吉村氏に歩調を合わせている。

続きはこちら ⇒ Aeradot 2020年7月21日号

『彼らがいかに日本経済の足を引っ張ってきたか。安倍首相はなぜ彼らを重用するのか。これが救国の「経産省解体論」だ!』 古賀茂明ー 週プレーNEWS

缶バッジロゴ古賀茂明氏ツイートよりー

経産省内閣と言われる安倍政権 問題は経産OBの今井秘書官、長谷川補佐官、西村経済財政相だけではない 救国の「経産省解体・再編案!」を提案(7月6日発売の記事) 日本の産業を衰退させ、経済の足を引っ張ってきた経産官僚を安倍首相はなぜ重用するのか? そこには深い訳が

<記事より>

日本をダメにしているのは経産省かもしれない――。期待できない経済の成長戦略、「クールジャパン」などの的外れな産業振興メニュー、そして「アベノマスク」に代表される首相の”残念なコロナ対策”。

これらすべての元凶はこの省にある。『週刊プレイボーイ』で『古賀政経塾!!』を連載中の元経産官僚の古賀茂明(こが・しげあき)氏が「経産省の解体&再編」論をもって古巣への引導を渡す!

続きはこちら ⇒ 週プレNEWS 2020年7月18日号

『8月の総選挙もありえる! 都知事選後にあらためて考える”戦える野党”構想』 古賀茂明ー 週プレーNEWS

缶バッジロゴ古賀茂明氏ツイートよりー

野党合流が混迷している 「立憲民主党と国民民主党が解党して合流し、新しくできる新党の名称が立憲民主党で、略称が民主党」 という枝野提案 国民からどう見えるのか? そろそろダメイメージの「民主党」を卒業したらどうか 名前よりも、魅力的政策パッケージを作るべきだ

<記事より>

都知事選は自民・公明が事実上推す現職の小池百合子知事の圧勝で終わった。立憲民主党を筆頭に、統一候補擁立に失敗した野党の責任は極めて重い。

そんな野党の体たらくを見て、自公はどう考えるだろう? 今、秋の総選挙を見据えた解散風が吹いている。永田町では、まことしやかに10月25日の投開票説までもが流れるほどだ。

だが、官邸は今回の野党陣営のダメっぷりを見て、「もっと早く解散しよう」と動きだすかもしれない。都知事選でわかったように、とにかく野党は選挙の準備が整えられない。

ならば、10月下旬まで待って野党に準備時間を与えてしまうより、8~9月にさっさと総選挙をしたほうが与党の議席数が増えるかもしれない、という計算だ。

続きはこちら ⇒ 週プレNEWS 2020年7月17日号

『「愚策中の愚策だ」敵基地攻撃能力保有論に反対する理由』Aeradot

缶バッジロゴ古賀茂明氏ツイートよりー

敵基地攻撃能力を持てば中国が身構える 米中対立で台湾有事の可能性も 中国は在日米軍基地にミサイルの照準を合わせて備えるだろう 米国は、中国は日本攻撃に着手したから自衛のために中国にミサイル攻撃せよ と言うかも 安倍さんのような総理なら喜んで発射するのではないか

<記事より>

「敵基地攻撃能力」という言葉がなくなる。

といっても、別の言葉に置き換えられるだけの話だ。「自衛反撃能力」「敵基地反撃能力」「スタンドオフ防衛」などという候補が挙がっているそうだ。いずれも、先制攻撃ではなく、自衛のための行動だと強調する意味がある。なんと姑息なことか。後ろめたいからこんなことをするのだろう。

ことの始まりは、河野太郎防衛相主導で決まったイージス・アショア配備の撤回だった。その決定直後から、待ってましたとばかりに出てきたのが、敵基地攻撃能力保有論だ。

続きはこちら ⇒ Aeradot2020年7月14日号

『東京都知事選の野党共闘”失敗の本質”とは?』Aeradot

缶バッジロゴ古賀茂明氏ツイートよりー

都知事選の結果に落胆した人は多いが 野党には期待できないと思い、この結果を予測した人も多いようだ 確かに・・・ でも、ここで諦めれば、日本は確実に沈没する 枝野批判も玉木批判も山本批判も何も生まない ではどうする?
彼らとともに考え、力の結集を促すのが市民の役割
<記事より>

『官邸のえこひいきで堕落した官僚』Aeradot

缶バッジロゴ古賀茂明氏ツイートよりー

少数派の真面目な官僚たちも「弱い人間」 「上に媚びれば出世」とわかれば正道から外れる 国のリーダーは、自らを律し範を示すべきだが 安倍総理は非常に不真面目で「えこひいき」な人間 官僚はそれを見抜いた 忖度官僚たちの暴走を止めるには、安倍総理退陣しかない

<記事より>

先週号の本コラムで「チャラ男」官僚について書いたところ、霞が関の「官僚像」について多くの取材を受けた。

*  *  *
一般に、日本のキャリア官僚は、「優秀」で「勤勉」だと言われる。

憲法15条第2項には、「すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない」と書かれているが、普通の官僚は、その原則を守る善人であるように思える。

さらに、官僚と言えば、「クソ真面目」で、羽目を外すことはないという安心感もある。

続きはこちら ⇒ Aeradot2020年6月30日号

『経産省を解体せよ』 古賀茂明ー 週プレーNEWS

缶バッジロゴ古賀茂明氏ツイートよりー

経産省の日の丸プロジェクトは死屍累々 特にデジタル分野はすべて失敗 再エネ含む温暖化対策でも足を引っ張る ポストコロナの社会はデジタルとエコが主役となる 経産省の存在は百害あって一利なしだ むしろ同省の発展的解消で日本再生の明るい絵を描くことが可能になる

<記事より>

1次補正予算2兆3000億円の持続化給付金事業をめぐり経済産業省が、トンネル団体を通して電通に丸投げした件は、電通の中抜き疑惑も相まって同省の仕事にあらためて疑惑の目が向けられる結果になった。

国民から酷評されたアベノマスクも、本はといえば、経産官僚の発案だったと聞く。

思えば経産省の黄金期は護送船団方式などの産業政策で、日本の高度経済成長を実現してきた1980年代初頭頃まで。それ以降はこれといった新しい産業政策を打ち出せず、失敗続きで地盤沈下を続けてきた。

その象徴が日本企業の国際競争力の低下だ。自動車はトヨタ1強で競争力を保っているものの、家電、液晶、半導体、太陽光など、日本のお家芸と呼ばれた主要産業が軒並み国際競争から脱落してしまった。

続きはこちら ⇒ 週プレNews 2020年6月26日号

『経産省のチャラ男たちが国を亡ぼす』Aeradot

缶バッジロゴ古賀茂明氏ツイートよりー

安倍政権と経産省は、チャラ男官僚と電通に支えられるという構造的な問題があります 中身のないお祭り騒ぎで重宝する電通なのだが、電通におだてられて乗せられた経産官僚が、まじめな事業まで食い物にされるようになった チャラ男官僚にどんな見返りがあったのか不明だが

<記事より>

コロナ禍に喘ぐ中小企業などを支援するために資金を直接給付する持続化給付金。申請から1カ月放置後に書類不備の連絡だけなどという例が相次いだ。ネット通販や宅配便と比べてもシステムの不備は明らかだ。

最大の問題は、給付事業をなぜかイベント屋の電通に丸投げしたこと。高橋まつりさんの過労自殺だけでなく、全国各地で違法残業の是正勧告を受ける札付きブラック企業だ。電通は、実体のないもの、あるいは劣るものを派手に大きく、立派に見せるイベント屋で広告屋だ。早く弱者にお金を届けようという地味な仕事の対極にある。

続きはこちら ⇒ Aeradot2020年6月23日号

『麻生発言『民度のレベルが違う』の裏側』 Aeradot

F4lg03古賀茂明氏ツイートよりー

日本の支配層に巣食う「日の丸信仰」 「日本民族は世界一優秀」という根拠なき優越思想で 他国より劣る点を認識できない コロナ禍で露呈した日本が「IT原始時代」であることも理解しない 彼らの歴史の最終ページは「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と言われた昭和終期のままだ

<記事より>

日本の新型コロナウイルスによる死者数が少ない理由について麻生太郎財務相が述べた言葉だ。麻生氏は批判に対して、「他国を貶めるというのとは違う」と釈明し、報道は沈静化した。
私が今回この発言を取り上げるのは、この言葉の背景に日本が抱える深刻な問題が隠されているからだ。
その問題とは、この国の支配層に根深く蔓延る「日の丸信仰」である。それは、「日本民族は世界一優秀だ」という根拠なき優越思想に凝り固まり、日本が他国より劣っている点を認識することができないという意味だ。彼らの歴史の最終ページは、「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と言われた昭和終期のまま止まっている。

続きはこちら ⇒ Aeradot2020年6月16日号