カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

『天下りがさらに増えて経営者の不祥事もスルー?「会社法改正」が危ない!』 古賀茂明ー 週プレーNEWS

F4lg03古賀茂明氏ツイートよりー

社外取締役の設置を非上場の大会社にも義務付け
⇒官僚OBに社外取就任の要請増加
⇒複数の社外取を兼務すると株主代表訴訟などで訴えられるリスク増加
⇒その損害賠償責任を逃れる方策もしっかり準備
⇒至れり尽くせりの天下り促進策
企業ガバナンス向上より官僚利権拡大

<記事より>

古賀茂明氏が、開催中の臨時国会で会社法の改正案に注目すべき理由を語る。
* * *
臨時国会が始まった。政府は日米貿易協定の国会承認を今国会の最優先課題として位置づけるが、もうひとつ官僚たちがひそかに力を入れている法案がある。
それは会社法の改正案だ。すでに東京証券取引所のルールによって大部分の上場企業は社外取締役を置いているが、これを非上場大企業にも拡大した上で、法律上の義務にする。「会社のガバナンス強化」のためだという触れ込みだ。
ところが、おかしなことに同じ法律のなかにまったく方向性が逆の改正内容が含まれていることはあまり知られていない。
それは、「企業が、経営陣が負った損害賠償金などを補償できる」ことを法律で認めるというものだ。近年、日本でも株主代表訴訟が増えている。いま話題の関西電力経営陣の不祥事でも、株主から訴訟を起こされるリスクは否定できない。
そこで、企業は役員が負った賠償責任を補償する保険契約を結ぶなどの対応を取ってきたのだが、役員の放漫経営を助長するという批判も強く、そうした制度の導入をためらうところもあった。そこで、役員の賠償責任を企業が肩代わりすることを法律で認めて役員の負担を減らそうと考えたのだ。

続きはこちら → Yahooニュース/週プレニュース2019年10月18日

広告

『封印された関電疑惑の政治家ルート』Aeradot

F4lg03古賀茂明氏ツイートよりー

官邸のシナリオ
関電第三者委員会の結論は、違法性はないがコンプライアンス上大問題、政治家の名は出ない
岩根社長は12月に約束通り辞任
報告書公表は国会終了後、または、他の話題から目をそらすため終盤で出す可能性も
参考人招致もガス抜きと野党との取り引きのために実施

<記事より>

関西電力の不正疑惑が拡大している。野党支持層には、臨時国会で徹底追及すれば、関電幹部だけでなく、稲田朋美元防衛相や世耕弘成前経産相など安倍首相の側近議員にも疑惑が広がるのではと期待する向きもある。これにより安倍政権を追いつめられるのでは、というのだが、今週は、これとは逆に、政治家ルートはほぼ完全に封印されたという、やや大胆な私の推論を紹介したい。

本件は、金沢国税局による税務調査から始まった。2018年1月から2月頃までには、調査対象が関電側にも広がった。菅原一秀経産相は、今回事件が公表されるまで、関電を所管する経産省は何も知らなかったと述べているが、だからと言って、官邸も知らなかったということではない。

続きはこちら ⇒ Aeradot 2019年10月15日

『関西電力幹部が地元有力者から金品を受け取っていたが……。原発マネーは政治家にも流れている!』 古賀茂明ー 週プレーNEWS

F4lg03古賀茂明氏ツイートよりー

森山元助役がカネを返すと言われて怒ったワケ
関電、元助役、業者、三位一体の原発マネー山分け犯罪集団から関電幹部が足抜けしようとしたから
暴力団組員が足を洗いたいと言って、組長に指を10本出せと言われるのと同じ
本コラムは2日校了7日発売11日ネット掲載されたもの

<記事より>

■関電に大金を渡した元助役が激高したワケ
関西電力幹部ら20人が、高浜原発が立地する福井県高浜町の元助役から2011~18年の間に約3億2000万円相当もの金品を受け取っていたことが発覚した。

金沢国税局による高浜町の建設会社「吉田開発」の税務調査に端を発したこの問題では、ひとりで1億円超の金品を受領していた者がいたり、自らも金品を受け取りながら隠蔽(いんぺい)を図っていた会長・社長が辞任を否定するなど、突っ込みどころ満載だ。

続きはこちら → Yahooニュース/週プレニュース2019年10月11日

『躍進するラグビーと裏腹に連敗する経産省率いる『日の丸連合』』Aeradot

F4lg03古賀茂明氏ツイートよりー

経産省主導日の丸連合は死屍累々!
エルピーダ(NEC日立三菱電機の半導体メモリー)
ルネサス(日立三菱NECのマイコン・システムLSI)
JDI(日立ソニー東芝の中小型液晶)
いずれも破たんか外資への身売りか不振に喘ぐ
東芝メモリーは約半分外資に
それでもまた愚策を始める?

<記事より>

ラグビー・ワールドカップで日本代表が優勝候補の一角アイルランドを撃破した9月28日、日本各地に歓喜の渦が広がった。スタジアムで打ち振られる日の丸の旗が輝いて見えたが、一方で、その前日、日の丸を汚すような暗い報道に気づいた方はおられるだろうか。

皆さんは、「日の丸連合」と聞いて、何を思い浮かべるだろうか。日本株式会社の総元締の経済産業省が、日本を代表する大企業を束ねて世界の一流企業と伍する企業を育てようというプロジェクトの俗称だ。

その代表が、半導体のエルピーダメモリとルネサスエレクトロニクス、そして、液晶のジャパンディスプレイ(JDI)である。

続きはこちら ⇒ Aeradot 2019年10月8日

『カジノ会社が「横浜F・マリノス」を買収する?』 古賀茂明ー 週プレーNEWS

F4lg03古賀茂明氏ツイートよりー

外資のカジノ企業が横浜Fマリノス買収に動く
現執行部は反対だろうが、カジノ利権の権化の菅義偉官房長官の息がかかった新日産CEOが誕生すれば、もちろんマリノスは外資カジノ企業に売り払われるだろう
市民の魂を外資カジノ企業に売る菅長官・林横浜市長のコンビ。

<記事より>

古賀茂明氏が、日産自動車の子会社である横浜F・マリノスの今後を憂慮する。

* * *

日産自動車がリストラを進めている。ゴーン・ショックで業績が悪化し、今年4~6月期の営業利益はたったの16億円にまで落ち込んでいる。

危機感を強めた日産は計1万2500人の人員削減プランまで打ち出したが、先行きは険しい。何しろ、リストラをして反転攻勢をかけようという矢先に、西川廣人(さいかわ・ひろと)社長が報酬問題で辞任に追い込まれてしまった。

日産関係者によれば、社長指名委員会がすでに外部経営者を含め10名ほどにトップ候補を絞り込んだ。その中には新浪(にいなみ)剛史サントリーホールディングス社長の名前もあったというから驚きだ。日産としては、一刻も早く新社長を決め、業績をⅤ字回復させたいところだ。

続きはこちら → Yahooニュース/週プレNEWS2019年10月1日配信

『小泉環境相が赤っ恥、国連サミット』Aeradot

F4lg03古賀茂明氏ツイートよりー

この見出しはちょっと?
進次郎バッシングに意味なし
安倍総理国連気候変動サミットから「排除」の方がはるかに深刻
環境問題に無関心な安倍政権とマスコミのせいで、日本は先進国で唯一環境が政治のテーマにならない国に
というより日本は先進国になれなかったということ

<記事より>

「普通の日本人が見ている世界は真実から遠くかけ離れた歪んだ世界なのではないか」

9月23日の国連気候行動サミットで安倍晋三総理が発言できなかったのを見て感じたことだ。この出来事について、日本の大手メディアは、当初、「総理の日程の都合がつかなかった」という政府の言い訳をそのまま流したり、あるいは、欠席した理由を伝えないところがほとんどだった。

一方、小泉進次郎環境相の「セクシー」発言などは大きく報じ続けた。 報道を見て、今回の安倍総理のサミット欠席が、日本にとって非常に大きな外交上の失点であるということを理解できた国民はどれくらいいただろうか。

続きはこちら ⇒ Aeradot 2019年10月1日

『東電の隠蔽ぶりを暴く!【緊急対談】古賀茂明×元東京電力原発炉心技術者・木村俊雄「原発は津波の前に壊れていた』 古賀茂明ー 週プレーNEWS

F4lg03古賀茂明氏ツイートよりー

東電は国会など4つの事故調査委にデータ提出をせず、その後も隠蔽を重ねた!
東電幹部無罪が確定した途端、規制委が事故再検証を始めるというが遅くない?
都合の悪い証拠は消されただろう
事故原因特定もないまま作った安全基準は意味がない
再稼働のために作られただけだ。

<記事より>

元東電の原発炉心技術者である木村俊雄氏が『文藝春秋』9月号にて発表したあるリポートが話題を呼んでいる。それは、「3・11の福島第一原発1号機が壊れたのは津波の前だった」という衝撃的なものだった。
それ以来、ネット上などで原発メルトダウンの原因は津波ではなかったと話題に。しかし、実際のところは? ということで今回、原発問題を追い続けてきた古賀茂明氏が木村氏を直撃!

続きはこちら → Yahooニュース/週プレNEWS2019年9月27日配信