カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

『整備推進本部長は安倍首相…「カジノ法案」利権をめぐる官僚と政治家の思惑とは!?』古賀茂明氏—週プレNEWS

F4lg03毎日、億単位の賭け金が飛び交うカジノは利権の塊だ。その利権をめぐり、各省庁は一歩でも先んじて自らの省益を拡大しようと躍起なのである。政治家にとっても近年にない「稼ぎどき」である。夏過ぎまで「カジノ隠し」をしておいて、秋の臨時国会で一気呵成(かせい)に「IR法案」を仕上げてしまおうというのが、政官界の思惑なのだ。

続きはこちら ⇨ Yahoo!ニュース2017年3月25日配信/週刊プレイボーイ2017年4月3日号

『「高等教育無償化」は警戒すべき! 安倍首相が目論む“憲法9条改正”への布石』古賀茂明氏―週プレNEWS

F4lg03次期衆院選について、「首相が任期満了ギリギリの2018年秋以降に先送りする検討を始めた」と、新聞各紙が伝えている。

次期衆院選はこれまで、今年の秋と予測する声が大半だった。それをさらに1年も先送りにする。これが本当なら安倍首相の思惑はどこにあるのだろうか? その答えを知るカギのひとつが3月5日の自民党大会にあった。この冒頭のあいさつで、首相はこう力説したという。

「憲法改正に向け、具体的な議論をリードする。それが自民党の歴史的使命だ」

昨年の党大会では、安倍首相は改憲についてひと言も触れていない。その時と比べると、大きな変化だ。

続きはこちら ⇨ YAHOO!ニュース/週プレNEWS(2017年3月18日配信)

『全ての行政文書を最低50年保存としたらどうか。今でも本当は保存されているのだから、超過的な負担は生じないはずだ。』古賀茂明氏―週刊エコノミスト2017年3月21日号より

F4lg03「全ての行政文書を最低50年保存としたらどうか。今でも本当は保存されているのだから、超過的な負担は生じないはずだ。」

 

続きを読む

『3.11の反省はなし…自然エネルギー潰しによる「原発完全復活」への動きが進行中!』古賀茂明氏—週プレNEWS

F4lg03関電が「電気料金を格安にします。安くなったのは原発を再稼働させたおかげです」とキャンペーンを打てば、どうなるだろうか?パリ協定「目標達成の最後の切り札は、CO2を排出しない原発以外にない」と、再稼働のメリットを大々的にPR。自然エネルギー潰しによる「原発完全復活」への動きが進んでいる。すべてが“原発ありき”なのだ。3・11の反省もなしに、またぞろ原子力ムラが原発を再稼働させようと蠢(うごめ)いている。本当に原発の再稼働を認めてもいいのか? あらためて私たちひとりひとりの見識が問われている。

続きはこちら ⇨ yahoo!news / 週刊プレイボーイ(2017年3月20日号より)

『古賀茂明が批判!「2030年に原発ゼロ」を打ち出せない民進党はもう終わりだ!』古賀茂明氏—週プレNEWS

F4lg03民進党はあまりにもだらしない。福島第一原発事故から6年がたち、その風化が懸念される今でも、原発の再稼働に慎重な国民は世論調査で常に半数を超える。原発再稼動へとひた走る安倍政権から政権を奪い返すつもりなら、今すぐにでも「原発即時ゼロ」の公約を掲げ、真っ向から戦う覚悟を示すべきなのだ。

続きはこちら ⇨ yahoo!news / 週刊プレイボーイ(2017年3月13日号より)

『トランプにへつらう安倍首相。米国追随の後進国から「真の先進国」になるための3条件とは』古賀茂明氏—週プレNEWS

F4lg03「真の先進国」になるために3つの条件がある。ひとつ目は「企業よりも人を大事にする」こと。ふたつ目は「自然と環境の持続可能性を最優先する」こと。3つ目は「公正な経済ルールを厳格に執行する」こと。安倍首相がやらなければならないのは、まずは、自らが先進国になるための3つの改革を実行することだ。

続きはこちら ⇨ 週刊プレイボーイ(2017年3月6日号より)

 

【古賀茂明氏講演動画】真山勇一参議院議員の会2017年2月26日

F4lg032017年2月26日、横浜YWCAで開かれた『真山勇一参議院議員と「おもいツきり」語ろう!!2017年第1回 国会報告・意見交換会』での古賀茂明さん講演動画です。

 

【動画内容】
1.カジノの問題点はすべてが利権
2.官僚の習性から見た森友学園
3.民進党と原発
4.質疑応答 カジノなしでで生きる提言

続きを読む