『日本はアメリカに逆らえるのか』

政官財の罪と罰

古賀茂明氏ツイートよりー

中国と言えば パンダ?

習近平?

今や二つのイメージは真逆

台湾大好き日本人

中国は大嫌い?

憎悪だけなら歯止めが聞くが 中国の経済大国化、技術大国化、軍事大国化、

そして独裁化により恐怖が加わる

憎悪+恐怖⇒妄動 

悪魔の方程式

米中戦争なら、世論は参戦に傾くリスク

<記事より>

 今週の「週刊朝日」(2022年1月21日号)は、パンダ特集号。パンダと聞けば、その愛くるしい姿を想像するだけで幸せになれる。新年早々のお題に最適だ。折しも、1月12日から上野動物園のシャオシャオとレイレイの一般公開が始まる。冒頭3日間の観覧希望者向け抽選は348倍の高倍率。パンダが初めて来た頃、「パンダ外交」という言葉があったが、今もパンダは、日中友好の親善大使として大活躍している。

 一方、これを帳消しにしているのが、最近の中国政府の行動だ。新疆ウィグルや香港などでの人権問題、南シナ海、台湾海峡や尖閣諸島周辺での軍事的行動、その巨大な経済力を背景とした覇権主義的外交。いずれも世界の人々の不信と恐怖感を煽っている。

続きはこちら ⇒ Aeradot 2022年1月11日号

コメントは受け付けていません。