『「赤木ファイル」ついに公開! 赤木夫人と弁護団が警戒する「財務省の戦略」とは?』週プレNews

古賀茂明氏ツイートよりー

6月の記事で怖れていたことがついに起きた!

政府側が「わざと裁判に負ける」作戦!

負けを認めれば、裁判は不要となり終結

真相を隠し続けるために選んだ、政府の究極の卑怯な手段

賠償金を1億円払わなければいけないが、国民の税金だから痛くも痒くもない

酷すぎる!

<記事より>

■「赤木ファイル」に秘められた可能性

森友学園への国有地売却をめぐる財務省による決裁文書の改ざんを強要され、その後自死された近畿財務局職員、赤木俊夫さんが遺(のこ)した「赤木ファイル」が、6月22日に公開された。ファイルの内容などについては、かなり報道されているが、まだ伝わっていないことも多い。

実は、私は先日、赤木氏の妻・雅子さんと彼女の代理人である生越照幸(おごし・てるゆき)弁護士と各々電話で話す機会を得た。本コラムでは、そこで新たにわかったことや、雅子さんが語った思いを交えながら本件について解説したい。

続きはこちら ⇒ 週プレNews2021年7月9日

コメントは受け付けていません。