『なぜ「改革」の旗を掲げる政党は絶滅しかけているのか』週プレNews

古賀茂明氏ツイートよりー

今日本に必要なのは「改革の改革」

企業に御用聞きして効率優先、企業優先でやってきたのが時代遅れの改革

新時代の改革の3原則

1.人にやさしい

2.自然にやさしい

3.不公正に厳しい

効率から公正への転換です

維新の改革は80年代のもの

共産党が最先端の改革政党かも

<記事より>

今回の衆院選において、各党の公約で目につくフレーズがある。それは金額を明示した「給付」だ。例えば公明党は「18歳以下の子供に一律10万円給付」、立憲民主党は「低所得者へ年額12万円給付」、共産党は「収入減家計へ1人10万円を基本とする給付」、国民民主党も「国民1人当たり一律10万円給付」など、各党とも「分配」を掲げて一見「ばらまき」と見える政策を打ち出している。

その一方で「改革」という文字は消えるか、あっても公約集の隅っこに追いやられてしまった。「改革」というフレーズを前面に打ち出しているのは、今のところ日本維新の会しかない。

続きはこちら ⇒ 週プレNews 2021年10月29日号

コメントは受け付けていません。