『自民党総裁選でスルーされた実はすごく大事な争点「アメリカとの向き合い方」』週プレNews

古賀茂明氏ツイートよりー

日本の外交はますますアングロサクソン寄りになってきた

クアッドもAUKUSもファイブアイズも

米英主導の同盟 仏独などのEUと全く違う路線

シンガポールやマレーシアは英連邦だが

米国とは完全に一線を画す

アジアで米国一辺倒の外交を行う国は日本だけ

日本は異常

極めて危険だ

<記事より>

自民党の総裁選が終わった。だが、その過程で浮上しなかった大切な争点がある。今後のアメリカとの向き合い方だ。

日本の安全保障政策においては、日米同盟が最重要で、永続的なものという大前提がある。だが、一方のアメリカは、日本と同じくらい日米関係を大切なものと見なしているのだろうか?

続きはこちら ⇒ 週プレNews2021年10月8日号

コメントは受け付けていません。