『総裁選と総選挙の二つのシナリオ』Aeradot

古賀茂明氏ツイートよりー

誰が自民総裁になっても同じと言う人は愚かだ

野党は、岸田氏なら万歳、高市氏なら要警戒、河野氏なら危機 と考えるべき

河野氏担当のワクチンの効果が鮮明になる中での選挙

河野氏と戦うなら、野党は原発即ゼロを掲げて河野氏の変節を問うべきだ

できなければ勝ち目はない

<記事より>

先週の本コラムの最後に、(自民党総裁選で)「河野・石破、さらに小泉進次郎環境相の三者によるKIK連合ができれば、国民は熱狂し、河野氏勝利となる。」「ただし、河野氏が森友問題の再調査と脱原発を明言することが条件だ」と書いた。

 14日に小泉進次郎環境相が、15日には石破茂元党幹事長が、正式に河野太郎行革担当相支持を表明し、予想通りKIK連合ができた。しかし、河野氏は、森友問題に関する再調査を否定し、原発再稼働を容認する姿勢を明らかにしている。多くの新聞・テレビでは、「河野氏変節」という報道が相次ぎ、疑念の目が向けられた。安倍忖度をしているように見えるからだ。このイメージのままでは、総裁選の一回目の投票で河野氏が過半数を制することはできない。有力候補である岸田文雄元外相との決選投票になれば、一般党員の投票がないため、国会議員票で有利とみられる岸田氏に敗れるかもしれない。

続きはこちら ⇒ Aeradot2021年9月21日

コメントは受け付けていません。