『「KIK連合」で安倍政治終結なるか 』Aeradot

古賀茂明氏ツイートよりー

予想通り、河野石破小泉、KIK連合ができた

しかし、フィーバーの前提となる森友再調査と脱原発の明言がない不完全な連合だ

これで失速すれば、野党は対河野でも勝てる可能性

しかし、右翼の河野批判がリベラル層を刺激し、安倍の河野潰しも追い風になる

予断を許さない

<記事より>

脱原発と再生可能エネルギー最優先の担い手河野太郎行政改革担当相と原子力ムラとの闘い(先週号参照)が、総裁選の重大テーマになってきた。しかも、この闘いは、自民党の派閥利権政治、とりわけ、「安倍政治」を葬り去る最終戦争になる可能性がある。何故か?

原子力ムラの大ボス安倍晋三前総理は、党内第一派閥・細田派の事実上のトップ。その盟友の麻生太郎副総理も原発推進派。麻生派の子分・河野氏の出馬阻止に躍起となっている。脱原発という政策論とともに、河野氏が総理になれば、世代交代が進み、80歳の麻生氏は過去の人になるという事情があるからだ。そこで、自分たちの言うことを聞く岸田文雄前政調会長を推すことになる。

続きはこちら ⇒ Aeradot2021年9月14日号

コメントは受け付けていません。