『経産省による「河野太郎叩き」が意味すること』Aeradot

古賀茂明氏ツイートよりー

経産省は、再エネ最優先という言葉に反対し、

原発新増設という言葉をエネルギー基本計画に入れたかったが

半年余りの議論で河野氏に論破されて敗北

仕方なく、文春に秘密情報を漏洩して、河野叩きに走った

安倍、甘利、麻生氏らが背後で利権に切り込む河野を潰せと動いている

<記事より>

自民党総裁選の裏で大戦争が起きている。主役は、原子力利権の守護神・経済産業省の官僚と河野太郎規制改革担当相だ。連戦連勝の河野氏に対して、経産省は「文春砲」で最終戦争に打って出た。

続きはこちら ⇒ Aeradot2021年9月7日号

コメントは受け付けていません。