『日本国民の台湾への好意を戦争につなげる策略 古賀茂明』Aeradot

古賀茂明氏ツイートよりー

日本人の多くは 台湾が好きで

中国が嫌いで

米国を頼りにしている

この三つの感情を足すと、

大嫌いな中国にやられている大好きな台湾を守るため、

一番頼りにしている米国が戦争するなら、

日本も一緒に戦うのが当然だとなる可能性がある

だが、その判断は全く間違っている

<記事より>

21年版の防衛白書が公表された。中国の防衛政策についての記述が、米国の3倍。中国の軍事力強化の驚異的状況をグラフや写真などで強調し、中国側の日本周辺での問題行動についてもデータを使って鮮明に描き出している。

 表向きの言葉はともかく、この白書で政府が国民に伝えたいのは、中国の軍事力の強大化により、日本はもちろん米国でさえ対抗することが難しくなったという「中国脅威論」であり、さらに「中国悪玉論」である。

続きはこちら ⇒ Aeradot 2021年7月20日号

コメントは受け付けていません。