『ポスト菅をめぐる綱引きで隠れた争点になった「原発をどうするのか」問題』週プレNEWS

古賀茂明氏ツイートよりー

グリーン成長戦略に昨年末に書き込まれた「原発を引き続き、最大限に活用してゆく」というフレーズがバッサリ削除された

その裏には、経産省+安倍甘利麻生の3A連合対河野小泉KK連合の闘い

公明がKKを援護射撃

本当の勝負は秋に先送り

ポスト菅の暗闘に原発が絡む展開に注目

<記事より>

温暖化ガス削減に向けて菅政権が打ち出したグリーン成長戦略から、ある文言が削除されたことが波紋を呼んでいる。

2050年に温暖化ガス排出ゼロを目指すこの戦略は昨年12月に取りまとめられ、今年6月中にもその改定案が公表される予定だった。そして6月2日に示されたその改定案を見ると、20年12月版にあった「(原発)を引き続き最大限活用していく」というフレーズがきれいさっぱりと削除されていた。

今年4月に原発リプレース(建て替え)を推進する議員連盟が結成され、最高顧問に安倍晋三前首相が就任するなど、自民党や財界を中心に原発推進派が攻勢を強めてきた。グリーン成長戦略の策定を「渡りに船」とばかり、温暖化ガス削減のためにはCO2を排出しない原発を活用すべきとの大合唱が始まっているのだ。

続きはこちら ⇒ 週プレNews 2021年6月18日

コメントは受け付けていません。