『五輪をめぐる菅首相の「プランA」と「プランB」を想像する』Aeradot

古賀茂明氏ツイートよりー

菅総理のプランB

五輪ができない場合でも9月までに感染拡大を抑え、GoToを始めれば国民はウキウキしてくる

夏の間に人が死んでも、秋に国会で一人10万円などバラマキ補正予算をやって解散すれば、国民は騙される

権力維持しか頭にない菅氏に人の心など期待してはいけない

<記事より>

菅義偉内閣の支持率下落が顕著だ。菅総理にとって、五輪開催は命綱のはず。そのためには、新型コロナウイルスの感染抑制が必須だが、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の拡大には後ろ向きで、何を考えているのか全くわからない。

 そこで、そんな菅氏の頭の中を想像してみた。

「俺様にとって一番大事な目標は五輪ではない。ましてや国民の命でもない。何よりも9月の自民党総裁選で再選されること。これに尽きる」

続きはこちら ⇒ Aeradot 2021年5月25日号

コメントは受け付けていません。