『異次元のコロナ救済措置が必要だ』

古賀茂明氏ツイートよりー

罰則よりも事業者支援の抜本的強化が最優先課題だ

飲食店だけではないカギとなるのはハイブリッド 

融資で始めて給付に切り替えワンストップ 

賃金も家賃も一つの申請でノンリミット 

事業規模に応じて19年の売り上げまで無条件で無担保無保証無利息の融資を行い、次の税務申告で精算

補償をちゃんとしたうえで、それでも従わないなら罰則というのは理屈だが、従わないことが本当にあるのか?

あるとしたら補償の仕組みに不備があるからだと疑うべき

議論すべき罰則があるとすれば外出規制を強行する「強制的ロックダウン」の際の罰則だ

急がないと間に合わない

危機意識が足りない

<記事より>

続きはこちら ⇒ Aeradot 2021年1月19日号

コメントは受け付けていません。