『マイナンバーカードの全国民交付を実現するため政治家は自らを”さらせ”!』週プレNEWS

古賀茂明氏ツイートよりー

マイナンバーと銀行口座紐づけ義務化見送り!

やりたい人だけ一人1口座だけ

困っている人に、口座紐付けしていればすぐに給付金もらえますよと言う政府

優しい言葉に聞こえるが、紐付けしないとカネが入るのが遅れるぞと脅しているように聞こえる

一方、金持ちは何も困らない

困っている人を脅すのではなくて 政治家や脱税している金持ちの全資産を紐付けして、不正を暴いてくれれば、マイナンバーへの共感が高まるのに、なぜ、政治家はそういう提案をしないのか

自分たちが困るからでしょうね

だったら、なおさらやるべきだと思います

<記事より>

マイナンバー制度は菅政権のデジタル化政策の鍵を握る存在だ。そのため政府は、2022年度末までのマイナンバーカードの全国民交付を目標に掲げているが、普及率はいまだ2割程度。

コロナ給付金のオンライン申請をする場合に必要なこともあって、取得者は増えているが、全国民に届けるという目標に向けて順調なペースだとは決して言えない。

11月27日に開かれた政府の会合で、マイナンバーと個人の銀行口座の紐(ひも)づけを義務化する案が見送りになったのは、義務化できるほどマイナンバーカードの必要性についての理解が社会に浸透していないからだ。

続きはこちら ⇒ 週プレNews 2020年12月8日号

コメントは受け付けていません。