『菅総理のグリーン宣言の裏に原発』Aeradot

古賀茂明氏ツイートよりー

「環境音痴」の菅総理 グリーンをポストコロナの経済復興の柱にするのが世界の常識 。

自民総裁選で菅総理は何も言えず 、1か月経って官僚作の「所信表明演説」で初めて知った世界の潮流 50年ゼロは、ただ単に日本が追い詰められただけ。

原発以外に具体策はない 知恵なき菅政権。

<記事より>

菅総理が所信表明演説で2050年までに温室効果ガス排出を全体としてゼロにすると宣言した。途上国を含めポストコロナの経済復興はデジタルとグリーンの2本立てというのが世界の常識なのに、菅総理は就任以来、ハンコ撲滅、携帯料金値下げ、デジタル庁創設などデジタル化の話しかできなかった。今回出てきた「グリーン社会実現」の重要性は菅総理の頭には全くなかったようだ。彼は「環境音痴」なのだ。

続きはこちら ⇒ Aeradot 2020年11月3日号

コメントは受け付けていません。