『菅総理「ナンチャッテ改革」の矛盾』Aeradot

古賀茂明氏ツイートよりー

選挙のために米価値上げ! 減反廃止!と安倍総理が叫んだのは13年 だが、裏では主食用米の生産抑制に全力 ⇒コメ価格は5年連続上昇 でも高いコメの需要は激減 今年は値下がり基調の朗報 だが、農協が新米20万トンを倉庫にしまって売り惜しみ! 菅政権は倉庫代の半額補助!驚!

<記事より>

菅義偉総理は日本学術会議が推薦した新会員候補の一部の任命を見送った。「前例を踏襲して良いのか考えた」と述べ、学問の自由の問題を改革一般論にすり替えて、「改革派菅義偉!」という自己宣伝に利用している。

 菅氏の改革と言えば、「ハンコ撲滅」「デジタル庁創設」のような誰でもできる話が目立つ。だが、ハンコ撲滅は菅氏が官房長官だった7年8カ月の間にやらなかったのがむしろ驚きだ。本来なら謝罪すべきなのに、それどころか、自分の非を自己宣伝に転化した。「さすが!」と拍手してしまいそうに巧妙な手口だ。

続きはこちら ⇒ Aeradot2020年10月13日

コメントは受け付けていません。