『ポスト安倍政局で”正論”を報じられない政治部記者たちの体たらく』 古賀茂明ー 週プレーNEWS

古賀茂明氏ツイートよりー

菅「総理」を怖がる政治部記者は安倍政治を持ち上げる 菅氏が安倍政治継承と言ったからだ その結果、安倍政治の評価が上がる 民主主義では国民が政治家を選ぶ 安倍政治を選び続けた国民にも責任 だが、正しい情報を得られなければ正しい判断はできない メディアの罪は重い

<記事より>

この数週間、新聞・テレビがポスト安倍政局を占うニュース一色になっている。
 
まず、8月17日の安倍総理の7時間半の検査から始まって11日後の28日の辞任発表記者会見までの間、安倍総理の健康状態について様々な憶測記事が乱れ飛んだ。どこからもらった情報なのか、麻生太郎副総理が臨時代理になるとか、菅義偉(すが・よしひで)官房長官が次期総理だなどという「ウワサ」もまことしやかに広がった。

どうしてそんな情報が出てくるのかと考えてみれば発信者の思惑がわかりそうなものだが、そうしたことは彼らには関係ない。ひたすら与えられた情報を垂れ流すのが政治部記者だ。

続きはこちら ⇒ 週プレNews2020年9月3日号

コメントは受け付けていません。