『麻生発言『民度のレベルが違う』の裏側』 Aeradot

F4lg03古賀茂明氏ツイートよりー

日本の支配層に巣食う「日の丸信仰」 「日本民族は世界一優秀」という根拠なき優越思想で 他国より劣る点を認識できない コロナ禍で露呈した日本が「IT原始時代」であることも理解しない 彼らの歴史の最終ページは「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と言われた昭和終期のままだ

<記事より>

日本の新型コロナウイルスによる死者数が少ない理由について麻生太郎財務相が述べた言葉だ。麻生氏は批判に対して、「他国を貶めるというのとは違う」と釈明し、報道は沈静化した。
私が今回この発言を取り上げるのは、この言葉の背景に日本が抱える深刻な問題が隠されているからだ。
その問題とは、この国の支配層に根深く蔓延る「日の丸信仰」である。それは、「日本民族は世界一優秀だ」という根拠なき優越思想に凝り固まり、日本が他国より劣っている点を認識することができないという意味だ。彼らの歴史の最終ページは、「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と言われた昭和終期のまま止まっている。

続きはこちら ⇒ Aeradot2020年6月16日号

コメントは受け付けていません。