『「ポストコロナ」のビジョンが見えない日本政府の”意識の低さ”』 古賀茂明ー 週プレーNEWS

F4lg03古賀茂明氏ツイートよりー

安倍政権は「新しい生活様式」を唱えるが
その前提となる「新しい社会」がどうなるのか?
コロナ経済対策の中に5GなどITインフラ整備や温暖化対策などで大胆な政策を打ち出す中国やEU諸国
日本はビジョン欠如
安倍政権で失われた7年半
新たな夢や希望の「芽」は見えない

<記事より>

 

新型コロナ禍で日本のIT環境整備の遅れが鮮明になった。典型例が、経済支援策の実施が遅いという批判に応えるための「ネット申請手続き」の頓挫だ。

5月20日、厚労省は休業などで経営にダメージを負った事業者などに、雇用維持を目的に給付金を支給する「雇用調整助成金」のオンライン申請システムの一時停止を発表した。複数の登録者に同一のIDが付与されたため、他人の申請情報を閲覧できるという、とんでもないミスが発生していたのだ。

また、香川県高松市は政府が国民に一律10万円を支給する「特別定額給付金」のネット申請受け付けを5月24日で中止した。申請内容の住民基本台帳との照合が職員による手作業で、審査や事務処理に膨大な時間がかかるのが要因だという。

続きはこちら ⇒ 週プレNews 2020年6月5日号

コメントは受け付けていません。