『定年延長を受け入れる前に、黒川検事長がやるべきふたつのこと』 古賀茂明ー 週プレーNEWS

F4lg03古賀茂明氏ツイートよりー

黒川弘務東京高検検事長
安倍政権擁護のご褒美で、違法な定年延長で検事総長に就任へ?
だがそれでは、全検察官にバカにされ、国民の信頼を失い
最低の検事総長として名を遺す
逆に、森友、桜の立件を東京地検に指示して辞表を出せば、幻の名検事総長となる
それが男の花道だ

<記事より>

安倍政権が検察官の定年を段階的に引き上げる検察庁法の改正案を国会に提出した。

改正案は63歳になったら最高検察庁の次長検事や高等検察庁の検事長などに就けないとしつつも、内閣が特別な事情があると判断すればそのポストにとどまれると規定している。

続きはこちら → 週プレNEWS2020年4月3日

コメントは受け付けていません。