「エスカレートする「捕まらなければ何でもあり」の倫理規範」日刊ゲンダイDigital 第4回(全5回連載)

F4lg03古賀茂明氏ツイートよりー

安倍総理の倫理観 その1
「捕まらなければいい」
⇒「検察が自分を捕まえないようにすればよい」
⇒「検察を支配すればよい」
⇒「自分の守護神を違法な定年延長して検事総長にすればよい」
「政治責任」も、「人としての義務も責任」も関係ない

<記事より>

「李下に冠を正さず」という言葉がある。疑われるようなことはするなという戒めだ。しかし、安倍総理の倫理観はこれとは全く異なる。

森友事件について「私も妻も直接関わっていたという証拠が何ひとつなかった」と反論する安倍総理は、証拠がなければ問題ないと考え…

続きはこちら ⇒ 日刊ゲンダイDigital2020年3月27日号
全5回連載 第4回

コメントは受け付けていません。