『弱者を切り捨てる安倍政権のコロナ対策』Aeradot

F4lg03古賀茂明氏ツイートよりー

軽症では検査不可なのに
若者に「ひょっとすると」感染してるかも
だから家にいろというのは不合理
軽症でもすぐ検査を受けろと言うべきだ
政府の基本方針には、感染拡大したら検査は肺炎で入院する時だけにするとの記述
若者から医療弱者への感染を増やすことを予定している

<記事より>

2月25日、政府は新型コロナウイルス感染症対策の基本方針を発表したが、そこに非常に心配なことが書いてある。それは、国内での感染状況の把握についての将来の方針転換である。

現在は、PCR検査(ウイルス感染の有無を判断する遺伝子検査)は、様々な要因を勘案して医師が必要と認める場合に実施することになっている。ただし、実際の現場では、4日前から咳が続き、ようやく熱が38度に上がった妊婦が検査を拒否されたとか医師が必要だと言っても検査できないなど理不尽な例が多発し、国民の間には不満と不安が高まりつつある状況だ。

続きはこちら ⇒ Aeradot 2020年3月3日

コメントは受け付けていません。