『最悪のタイミングとなった自衛隊の中東派遣』Aeradot

F4lg03古賀茂明氏ツイートよりー

安倍総理のサウジUAE訪問
自衛隊の中東派遣に理解を求めたというが百害あって一利なしだ
両国とも有志連合に参加し、イランの敵
日本が有志連合に入れな言い訳をしているようなもの
両国とも「まあいいけどイランにもいい顔してるんだろ。日本は信用できないな」と思うだろう
米イランの橋渡しをできる国として責任を果たすというなら、トランプに何か言われても動じないだけの覚悟が必要
もちろん、安倍総理にそんなものはないのだから、余計なことはせず、とばっちりを受けないようにして欲しい
自分のプライドだけのために自衛隊や国民を危険に晒すべきではない

<記事より>

米軍がイラクの首都バクダッドで、イラン革命防衛隊の精鋭部隊「コッズ部隊」のソレイマニ司令官を殺害した事件。主権国家イランの軍首脳を米軍が殺害したのは、国際法違反を問われる蛮行だ。

イランの米軍への報復攻撃により、米イラン開戦かという状況になった。ネットでも、第三次世界大戦(WWIII)がトレンド入りし、世界を震撼させている。

一方、今回の事態に日本国内で一番肝を冷やしたのは安倍晋三総理だろう。

続きはこちら ⇒ Aeradot 2020年1月14日

コメントは受け付けていません。