『「日米貿易協定は日本の大勝利」と豪語する安倍政権のフェイク』 古賀茂明ー 週プレーNEWS

F4lg03古賀茂明氏ツイートよりー

昨年の日米共同声明第5項
「米自動車産業の製造と雇用の増加を目指す米国の立場を日本は尊重する」
米自動車産業にマイナスになる自動車関税撤廃なんかできない
撤廃は決まりという安倍政権の言葉はフェイク
何も取らずに農産品関税を先に引下げたのは日本外交史に残る失敗だ

<記事より>

日米貿易協定が19日、衆議院本会議で可決された。参議院が30日以内に議決しない場合、野党の反対で参院で議決できなくても、条約は衆院の議決がそのまま国会議決となるため、12月には承認となり、来年1月にも新しい日米貿易協定が発効するだろう。

だが、この条約は日米史に残る日本の大敗北である。それを明らかにしたのが11月17日付の朝日新聞朝刊1面の記事だ。

これまで政府は協定が発効すれば対米輸出(アメリカへの輸出)の際に日本がアメリカに納める関税額は2128億円減るが、対米輸入(アメリカからの輸入)にアメリカが日本に納める際に減る関税額は1030億円なので、差し引きでは「倍くらいの日本の勝ち越しになる」(渋谷和久内閣官房政策調整統括官)と大宣伝してきた。

だが、これはとんでもないフェイクだ。

続きはこちら → 週プレNEWS2019年11月29日

コメントは受け付けていません。