『トランプの軍門に下ったトヨタの未来』Aeradot

F4lg03古賀茂明氏ツイートよりー

トヨタは環境対策負け組?
ホンダ、フォード、VW、BMWはカリフォルニアの先進的な規制遵守に合意
トヨタ、GMなど遅れた企業は、この規制を潰そうとするトランプ大統領の陣営についた
環境に無関心でトランプ盲従の日本政府と同じ道
「世界のトヨタ」の看板が泣いている

<記事より>

10月28日のニューヨーク・タイムズにとても残念な記事が出ていた。

日本が誇る自動車メーカー「トヨタ」が、米GMなどとともにトランプ大統領の側に立って、カリフォルニア州が進める自動車の環境規制に事実上反旗を翻したというニュースだ。

日本の自動車メーカーといえば、排ガス削減や燃費低減で世界をリードしてきた。世界市場の中で確固たる地位を築けたのも先進的な環境技術のおかげだ。

日本人にとって、ガソリンがぶ飲みのアメリカ車は、燃費が悪く不経済というだけでなく、日本に技術力で負けたダサい車として、その人気は地に堕ちた。一方、日本人は自国の自動車メーカーに対して高い誇りを感じるようになった。

続きはこちら⇒ Aeradot 2019年11月5日

コメントは受け付けていません。