『IT教育のサボりが招く日本経済沈没の危機!』 古賀茂明ー 週プレーNEWS

F4lg03古賀氏ツイートよりー

『安倍さんは日本のIT人材育成に力を入れると言ったが
文科官僚は、憲法改正とは違い安倍さんは本気ではないと「逆忖度」し
教育現場でいい加減に対応した
日本はAIの分野で米中に大きく後れたがこの先15年はその差が開くばかりだろう小中高の教育が致命的に遅れているからだ』

記事よりー

ショッキングなニュースを続けてふたつ、目にした。
ひとつは日本経済新聞が6月28日付で伝えた「高度IT教育軽視のツケ」という記事だ。政府は、プログラミングを2022年度に高校で必修化する。24年度から大学入学共通テストの科目に情報科を導入することも検討中だ。
しかし、現状ではプログラミングを教える情報科の専任教員が不足し、多くの高校が大慌てで採用に乗り出しているという。
高校で情報科が必修科目になったのは03年と、今から16年も前のことだ。なのに、情報科の免許を持つ専任教員を一度も採用したことのない都道府県が13もあるというのだから驚く。
その原因は、やる気のない都道府県からの陳情を受けて、文科省がプログラミングを学ぶ「情報の科学」と、プログラミングを学ばなくてもよい「社会と情報」のふたつのコースのどちらかを履修すればよいという逃げ道を作ったことだ。
2単位の情報科のために専任教員を雇うのは無駄だと、多くの高校が「社会と情報」を選び、数学や理科の教員が片手間に授業を行なうことになってしまった。
これは極めて由々しき問題だ。なぜなら、この15年以上の間、高校生の多くがプログラミングを学ぶ機会を奪われたからだ。これでは、大学でIT分野を目指す学生が増えず、IT人材が不足するのは当然ではないか。

続きはこちら → Yahooニュース/週プレニュース2019年7月12日号

コメントは受け付けていません。