『年金問題で隠れた安倍首相のイラン外交失敗』Aeradot

F4lg03

世の中は、年金問題で大騒ぎだ。安倍晋三総理もさぞかし困っていると思うかもしれないが、実はそんなに悪いことばかりではない。

この問題で麻生太郎副総理に批判が集中したおかげで、先般の安倍総理のイラン訪問が世紀の大失敗だったことが霞んでしまった。

そもそも、なぜこの時期にイランを訪問したのかといえば、もちろん、参議院選挙前のパフォーマンスである。「外交の安倍」と訴えてきたのに、ここへきて、その全てが失敗だったということを認めざるを得なくなった。「私とプーチンで領土問題を解決して平和条約を結ぶ」という話はほぼ潰えてしまった。圧力路線を転換して、「私自身が金正恩と直接向き合う」と言ってから1年も経ったが、いまだに全く相手にされない。盟友トランプ大統領には、参院選後に通商交渉で思い切り譲歩すると約束したことをばらされてしまった。今や、頼みの綱は、大嫌いな中国の習近平主席だけという惨状だ。

続きはこちら ⇒ Aeradot 2019年6月25日

コメントは受け付けていません。