『人生100年時代」の早期年金受給者へのバッシングはこんなふうに行なわれる!』 古賀茂明ー 週プレーNEWS

F4lg03

古賀茂明氏が、政府部内で議論される年金制度の見直しについて語る。

* * *

年金をめぐるキナくさい話が政府筋からぽつりぽつりと聞こえてくる。今年が5年に1度の年金財政の健全性をチェックする財政検証の年に当たるためだ。

厚労省は「100年安心」と謳(うた)うが、長寿化と少子化で年金会計は苦しい。過去にためておいた年金積立金も、現行の仕組みのままで年金支給を続けた場合、三十数年後には枯渇するという学者グループの試算もあるほどだ。

だからこそ、加入期間や支給額をどのように変えれば、年金制度が持続可能なものになるか、政府部内でさまざまなシミュレーションが行なわれており、その一部がメディア報道を通じて流れることになる。

現在、政府部内で議論されているのは、(1)厚生年金の加入期間を現行の70歳未満から70歳以上に延長し、70歳を超えても保険料の支払いを義務づける。(2)年金受給開始年齢を70歳に引き上げる。(3)企業に対する再雇用義務を現行の65歳から70歳に引き上げる。(4)一定以上の収入のある高齢者の年金支給額を減らす「在職老齢年金制度」を廃止する、などだ。

続きはこちら → Yahooニュース/週プレニュース2019年5月10日号

広告

コメントは受け付けていません。