『資産家年金生活者をカモるカジノ法 元経産省クレジット信用取引課長が警告』古賀茂明氏-AERA dot.

F4lg03

カジノ法案の審議が参議院で始まった。このまま行けば、今国会中の成立は確実だ。
そもそも、カジノがなぜ、日本に必要なのか。

安倍晋三総理は、カジノで海外からの富裕層を日本に呼び込むという。しかし、自治体の試算などでは、客の7~8割を日本人と見込んでいて、政府の説明とは矛盾している。しかも、この法案によれば、粗利の7割はそれを運営することになるであろう海外のカジノ企業に持って行かれてしまう。

カジノなどなくても、海外からの訪日観光客は急増中だ。彼らは、日本のパチンコや競馬目当てに来るわけではない。伝統文化、自然、温泉、日本食、アニメなどの文化、田舎の人情などなど、日本の魅力が海外の人々に理解され、多くの人を惹きつけているが、彼らが憧れる「日本的なもの」と「カジノ」は対極にある。

続きはこちら ⇒ AERAdot(2018年7月9日)

広告

コメントは受け付けていません。