『壊れる官僚たち…安倍恐怖支配』 全5回シリーズ                  第3回「直接的な改ざん指示はせず 官邸は忖度承知でシグナル発信 」古賀茂明氏ー日刊ゲンダイDIGITAL

F4lg03

霞が関の各省庁は、事務次官を頂点とする階層社会だ。その階層の中では、年功序列が非常にはっきりしていて、「1年違えば虫けら同然」という言葉がそれを表している。

この階層社会を維持する上で、最も重要なのは人事と天下りの差配だ。人事権は、形式上は大臣にあるが、実際には事務次官がこれを行使してきた。しかし、最近は、官邸が幹部人事に介入するようになった。

実は、これで最も困っているのは事務次官だという説がある。なぜなら、これまでは、自分が絶対権力者だったが、今は、下手をすると、自分に逆らっても、官邸と仲良くやっていれば出世できるという状況になり、次官の求心力が衰えることになりかねないからだ。他方、次官自身が、総理から信頼されているということを見せれば、今まで以上に求心力が増す。そこで、各省次官は、必死になって総理のご機嫌取りに励んでいる。

続きはこちら  ⇒ 日刊ゲンダイDIGITAL(2018年4月12日)

広告

コメントは受け付けていません。