『壊れる官僚たち…安倍恐怖支配』 全5回シリーズ                  第1回 「 廃棄したはずの公文書が次々…背景に佐川前長官の悲惨な姿」古賀茂明氏ー日刊ゲンダイDIGITAL                

F4lg03

防衛省で、なかったはずの文書が次々と見つかり、驚きのニュースとして大きく報じられた。しかし、官僚を31年やっていた私にとっては、こんなことは驚きでも何でもない。どういうことか。

「優秀なはずの官僚がなぜ?」というフレーズがよく使われる。財務省や経産省などの幹部クラスの9割近くは東大卒だが、それは彼らが優秀だということを意味しない。意味しているのは、彼らが大学に入る時に、テストの成績が良かったというだけである。

続きはこちら  ⇒ 日刊ゲンダイDIGITAL(2018年4月10日)

広告

コメントは受け付けていません。