『働き方改革の捏造データの作られ方、教えます』古賀茂明氏-AERA dot.

F4lg03

働き方改革法案の基礎となったデータの捏造疑惑が大問題となっている。

あえて「捏造」という言葉を使ったのは、今回の不祥事は、単なるミスではなく、明らかに「故意」だとほぼ断定できるからだ。

安倍政権が進める働き方改革の柱の一つである裁量労働制は、労働者が自分の裁量で日々の労働時間を自由に決められることにする一方、労働時間の上限規制は適用されず、経営者はあらかじめ決められたみなし労働時間に基づく給料を実際に働いた時間と関係なく支払えばよいという制度だ。仕事の配分や進め方を労働者がやりたいように決められるので労働者にとって便利で、効率も上がり、結果的に労働時間も短くなると政府は主張している。

続きはこちら ⇒ AERAdot(2018年2月26日)

広告

コメントは受け付けていません。