『安倍政権では民主党政権下の実質賃金を上回れない現実を報じないメディア』古賀茂明氏-AERA dot.

F4lg032月7日に厚生労働省が発表した毎月勤労統計調査(毎勤統計)の速報値によれば、2017年の実質賃金は、前年比0.2%の減少だった。「実質賃金2年ぶりマイナス」という見出しを付ける新聞がほとんどだったが、これは明らかに安倍政権を忖度したものだ。2年ぶりマイナスと言えば、マイナスになったのが珍しく2015年と昨年だけがマイナスになったかのような印象を受ける。

続きはこちら ⇒ AERAdot(2018年2月12日)

 

広告

コメントは受け付けていません。