『安倍政権トンデモ農政に無関心なマスコミの罪』古賀茂明氏-AERA dot.

F4lg03

12月1日の日経新聞電子版にこんな見出しの記事が載っていた。

『コメ生産、来年は微増 減反廃止後初の需給見通し 業務用に不足感、高値続く?』

「減反」とは、国が毎年秋、主食米の生産上限を都道府県に配分し、これを市町村、農家へと細分化してその実現を目指す政策だ。基本的に、コメの需要が年々下がることを前提に、農家がなるべく主食用のコメを作らないように様々な補助金を支給したりして、無理矢理コメの生産量を減らそうとしてきた。
何のために生産を減らすかと言うと、もちろん、コメの価格が下がらないようにするためである。

続きはこちら ⇒ AERAdot(2017年12月4日号)

広告

コメントは受け付けていません。