『「銀行カードローン」で破産者が続出…金融庁の監督責任は重い!』古賀茂明氏ー週プレNEWS

F4lg03銀行のカードローンビジネスが批判を浴びている。最高裁判所の調べによると、2016年度の自己破産件数は前年比781件増の6万4637件となり、13年ぶりに増加へと転じている。その元凶と目されているのが銀行のカードローン事業なのだ。サラ金業界と違い、銀行のカードローンは“ホワイト”なイメージが一般的だろう。銀行はサラ金業者のように悪質な貸し付け、回収をせず、安心・安全と考えられてきた。

続きはこちら ⇨ yahoo!ニュース/週刊プレイボーイ2017年9月11日号より

広告

コメントは受け付けていません。