『安倍政権の内閣人事局による官僚支配は諸悪の根源か?』古賀茂明氏ーAERAdot

F4lg03

安倍政権が、森友学園、加計学園、防衛省PKO日報問題などで、一切その非を認めず、強硬路線を採り、その過程で官僚に嘘をつかせたり、無理な忖度をさせたりしていることで、安倍政権の「官僚支配」が問題視されている。

特に、最近、「内閣人事局ができて、政治家が官僚の人事権を握ったので、官僚が正しいことを言えなくなったり、過度に官邸の意向を忖度するようになった」という批判が目に付く。

続きはこちら ⇒ AERAdot (2017年8月28日号)

広告

コメントは受け付けていません。