『安倍政権に突きつける「不都合な真実」…原発ナシでもCO2は減っている!』古賀茂明氏—週プレNEWS

F4lg03とても大切なことなのに、メディアの報じ方のせいで埋もれてしまうニュースは少なくない。「温室効果ガスの排出量 2年連続で減少」というニュースもそのひとつだ。環境省が先月中旬に発表したデータによれば、2015年度の日本の温室効果ガス排出量は前年度比2.9%減の13億2500万tだった。しかし、今回の新聞の報道では重要なことを報じていない。まず、温室効果ガス(フロンなどを含む)のうち、いちばん大事なCO2だけを見るとマイナス幅は3.4%と拡大する。さらに、電力などのエネルギー転換部門に限定すると、6.4%もの大幅減少だ。そして、15年度の実質経済成長率はプラス1.3%だった。つまり、経済成長しても電力部門のCO2排出量が大幅に減少したのだ。これは極めて画期的なことだ。

思い出してほしい。安倍政権は福島第一原発事故の教訓も忘れ、原発再稼働へとひた走ってきた。その理由として主張してきたのが以下の3つだ。
原発が停止したままだと、
(1)電力不足になる。
(2)電気代が高くなる。
(3)CO2などの排出量が増え、昨年、閣議決定した目標(2030年度の温室効果ガスを、13年度比で26%減)を達成できない。

続きはこちら ⇨ yahoo!ニュース/週刊プレイボーイ2017年5月22日号より

 

広告

コメントは受け付けていません。