古賀茂明「北朝鮮、シリア 日本の危機が安倍総理のチャンスになる不可思議」( 2017年4月10日DOT.ASAHI.COM)

F4lg03「トランプ氏の「日本を100%守る」という言葉を引き出し、安倍官邸は、「大成果」だと喧伝した。
しかし、『世界中のメディアの前でここまですり寄ったのだから、安倍は、今後、トランプのどんな要求も断ることができなくなった』という米国共和党関係者の見方がある…。
予測不能なのが、トランプ氏である。最悪のシナリオは想定しておくべきだろう。日本人が、本当に安倍政権の対米追随路線の怖さに気づくのは、やはり、前述した北朝鮮とのミサイル戦争に巻き込まれて、日本の国土が戦場と化し、数千人の死傷者を出すときまで待たなければならないのかもしれない。
そして、私たちは、次のような疑問に突き当たるだろう。
日米安保条約と在日米軍基地があるから日本の安全が守られるというのは間違いだったのではないか。日米安保条約と在日米軍基地があったからこそ、日本が無用な戦争に巻き込まれることになったのではないか。」

全文はこちら

 

広告

コメントは受け付けていません。