『「高等教育無償化」は警戒すべき! 安倍首相が目論む“憲法9条改正”への布石』古賀茂明氏―週プレNEWS

F4lg03次期衆院選について、「首相が任期満了ギリギリの2018年秋以降に先送りする検討を始めた」と、新聞各紙が伝えている。

次期衆院選はこれまで、今年の秋と予測する声が大半だった。それをさらに1年も先送りにする。これが本当なら安倍首相の思惑はどこにあるのだろうか? その答えを知るカギのひとつが3月5日の自民党大会にあった。この冒頭のあいさつで、首相はこう力説したという。

「憲法改正に向け、具体的な議論をリードする。それが自民党の歴史的使命だ」

昨年の党大会では、安倍首相は改憲についてひと言も触れていない。その時と比べると、大きな変化だ。

続きはこちら ⇨ YAHOO!ニュース/週プレNEWS(2017年3月18日配信)

広告

コメントは受け付けていません。