『文科省天下りを「生け贄」にした安倍内閣の思惑。事務次官の自主退職で一件落着にしてはいけない!』古賀茂明氏ー週プレNEWS

F4lg03天下りが不要となるように、キャリアの昇進制度の再構築が必要だ。また、天下りの実態を内部告発できる窓口の整備も必要だ。もちろん、私が官僚時代にやり残した2点ーー官僚OBによる斡旋禁止、天下りへの刑事罰適用も欠かせない。今回の事件は天下り根絶の好機。事務次官の自主退職などで一件落着にしてはいけない。

続きはこちら ⇨ yahooニュース/週プレNEWS(2017年2月13日号より)

広告

コメントは受け付けていません。