『日本の労働規制はザル法ばかり… “違法残業の撲滅”が日本の成長のためにも必要だ!』古賀茂明氏ー週プレNEWS

F4lg03電通トップである社長をきっちりと取り調べ、実刑を科して刑務所に送るべきではないか。少子高齢化の日本経済が持続的に成長するためには、短い労働時間で高い利潤が期待できる付加価値の高い企業経営が求められている。社員に過酷な残業をさせないと利益が出せない会社は、いずれ世界の市場から退場を迫られるだろう。

続きはこちら ⇨ 週プレNEWS(2016年11月28日)

広告

コメントは受け付けていません。