『経産省と原子力ムラが導入を狙う「次のもんじゅ」‥再び巨額の税金が浪費される!』古賀茂明氏ー週プレNEWS

F4lg03国はもんじゅに1兆円以上もの巨費をつぎ込んできた。運転しなくても年間200億円ものコストがかかる。廃炉決定は当然だ。原子力ムラが「核燃料サイクル政策」を死守しようと開発を進める「アストリッド」。未完成の技術で「第二のもんじゅ」になるリスクは極めて高い。

続きはこちら ⇨ 週プレNEWS(2016年10月10日号)

 

広告

コメントは受け付けていません。