『民進党・山尾志桜里議員に期待したい“暴走”、党代表選に「原発ゼロ」を掲げて出馬しては?』古賀茂明氏―週プレNEWS

F4lg03野党合流で期待が寄せられた民進党。しかし、いざ組織されると、その期待をよそに支持率は低かった…。

『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏は、民進党が躍進するためにふたつのアドバイスを送る。


***
民主党と維新の党が合流し、民進党がスタートした。新党の勢力は衆参合わせて156人。自民党に対抗し得る大型野党の誕生といってよい。

だが、新党への期待は低い。ANNの世論調査(3月26.27日実施)によると、民進党の支持率は15.6%。先月の同調査では民主党14.6%、 維新の党1.3%だった。つまり、新党の支持率は民主、維新を足した数字を下回ってしまったことになる。なぜ、民進党への支持がこれだけ低いのだろうか?

新党がブームになるには旧来政党の政策と人事が変わり、その中身が刷新されなくてはならない。だが、民進党は民主と維新が足し算されただけ。党の顔 も打ち出した政策もほとんど以前と同じで、新味が感じられない。有権者は新党が生まれたといわれても、党名を変えて看板をかけ替えただけの「野合」にすぎ ないと看破している。

ただ、注目すべき数字も出ている。「新党に期待する」が29%と支持率よりもかなり高いことだ。29%の“期待する”層と15.6%の明確な民進党支持層の差は13.4%で、この多くは安倍・自民一強政治に代わる新風を期待する無党派層だろう。

無党派層は全有権者の4割前後を占める。この層の期待感があるうちに大向こうをうならせる大胆な政策、人事を打ち出すことができれば、自公政権と戦えるはずだ。

そこで民進党にエールを込めてふたつ提言したい。

一点目は人事である。新党の人事で目を引くのは、政調会長に待機児童問題などで今売り出し中の山尾志桜里(しおり)衆院議員を充(あ)てたことだ。 本当は政調会長などでなく、代表に抜擢(ばってき)するくらいのサプライズがあってもよかったと思うが、とにかく民進党はこうしたフレッシュで有為な人材 をどんどん登用することだ。

二点目はこうして抜擢された政治家の「暴走」を期待したい。今の民進党は寄せ集め感が強く、安全保障、エネルギー、行政改革などの重要政策も統一感がない。そこで新党で抜擢された政治家には党内で「暴走」と批判されるくらいの政策論争を起こしてほしい。

例えば、山尾議員は過去の選挙で原発ゼロ政策を主張するため、原発推進の中部電力労組の支援をあえて断っている。ならば、山尾議員は新党の政調会長 として「原発ゼロ」を打ち出してみてはどうか? 党内で批判が強ければ政調会長の辞任を宣言し、今年9月の党代表選に「原発ゼロ」を掲げて出馬の構えを見 せるのだ。

今、山尾議員に辞任されたら民進党は終わりだ。山尾議員の声が選挙公約に入る可能性は十分にある。

お行儀よく政調会長に納まって、単なる人寄せパンダになるのか、それとも安倍政権と対決できる政策を打ち出すため、党内が割れるほどの政策論争に 打って出るのか。おとなしくしていれば、民進党への期待は急速にしぼむだろう。しかし、「暴走」があれば、新党への淡い「期待」は強い「支持」に変わり、 無党派層が投票所へと足を運ぶことにつながるはずだ。

時は桜満開の春。「志桜里」の宴(うたげ)を始めるのにふさわしい。声を大にして言おう。山尾志桜里よ、「暴走」せよ!

週プレNEWS(2016年4月14日)

広告

コメントは受け付けていません。