「中東や途上国に原発輸出をするのは、海外に原発テロのリスクをばら撒いているようなものです」古賀茂明氏―日刊SPA!

F4lg032016年1月4日、日刊SPA!に掲載された『安倍政権の「中東・途上国への原発輸出」がテロの火種を拡大する!?』より、古賀茂明氏のコメントを一部転載します。

 


原発関連の人材も技術も乏しい途上国で原発を動かすことは、日本で稼働するよりもはるかに危険。ヒューマンエラーで原発事故が起きて、それを収束させよう としたときにテロリストが攻撃を仕掛けることも考えられます。コンピュータや原発に詳しいインテリがイスラム国に入っているとの情報もありますが、サイ バー攻撃を同時に仕掛けてくることもありえます。

それなのに、日本はほとんど原発テロ対策をやっておらず、計画されていたテロ対策も先送りにするほど。そんな国が中東や途上国に原発輸出をするのは、海外に原発テロのリスクをばら撒いているようなものです


広告

コメントは受け付けていません。