古賀茂明さん講演会レポート―沖縄「宜野湾から沖縄の未来を考える」

F4lg032015年12月18日、沖縄県宜野湾市にて『宜野湾から沖縄の未来を考える』が行われました。

参加された垣花恵理子さん(フォーラム4賛同者)が、レポートを寄せて下さいましたのでご紹介します。


来年1月に重要な市長選を控えた沖縄・宜野湾市(普天間基地のあるところ)で12月18日、古賀さん参加のシンポジウムが開かれました。

20151218沖縄講演_1チラシ

古賀さんは、沖縄に特別の思いを寄せた菅原文太さんから戴いた、かたみのネクタイをしめて登壇、最初に35分の基調講演がありました。その後のパネルディスカッションでは、沖縄経済界の中心にいる方々や、沖縄メディアの方たちと意見が交わされ、750人が集まった会場からは、途中で何度も拍手や「そうだ!」という声がわきおこりました。辺野古ゲート前で座り込みを続けている市民の方たちも、何人もいらしていました。

講演やディスカッションの詳しい内容は、沖縄タイムスの翌日の紙面をご参照いただければと思います。

(→ 主催者の「新外交イニシアティブ」のサイトに各紙紙面が掲載されています。)

沖縄市在住の賛同者の方とも初めてお会いできました。辺野古に凝縮される問題に引き続き向かい合うべく、いずれ沖縄合宿をとのお話も古賀さんからありました。

20151218沖縄講演_5賛同受付

広告

コメントは受け付けていません。