『橋下大阪市長は「大阪のプーチン」になる』古賀茂明氏―週プレNews

F4lg032015年12月7日、週プレNewsに掲載された古賀茂明氏の記事『橋下大阪市長は「大阪のプーチン」になる』より一部転載します。

 


そこで、おおさか維新の復活が鮮明になった今、別の野党再編シナリオが急浮上している。民主党の前原誠司(せいじ)元外相、細野豪志(ごうし)政調 会長など、これまで橋下市長と近いにもかかわらず、「橋下新党はジリ貧に終わる」と見て合流をためらっていたグループが大挙しておおさか維新に合流する か、あるいは新党を作り、おおさか維新と統一会派を結成する可能性が出てきた。その結果、残りの民主党は弱体化する。

おそらく、おおさか維新は今後、「東北維新の会」「九州維新の会」など「維新」の名称を冠した地域政党を各地で立ち上げるだろう。そうなれば、残った維新本体は埋没して存在感を失う。今の党名では選挙もろくに戦えず、解党か、さもなくば党名を改称して再起を期すしかない。

こうなると、心配なのは来年の参院選後だ。参院選でおおさか維新はさらに党勢拡大は確実。橋下市長は憲法改正が悲願の安倍首相に「あらゆる協力を惜 しまない」とエールを送っている。自民や次世代、新党改革など憲法改正を目指す勢力におおさか維新を加えて3分の2以上になれば、憲法改正発議が一気に現 実味を帯びる。


全文はこちらからご覧ください。

広告

コメントは受け付けていません。